お品書き ひつまぶし うな重 ランチ ご案内
ひつまぶし うな重 ランチ
あなたは
いらっしゃいませ
人目のお客様です


ごあいさつ

昭和36年、12歳の頃、鰻職人になることを心に決めました。

そして昭和38年、豪雪の年。
齢14歳で うな富の門をたたいた当時
富山駅前の新富町に暖簾を持つ「うな富」は大変賑わっていたものです。

そして平成6年、「うな富」の味を守るために太郎丸本町に再興いたしました。
当時のイメージを再現するため、店は自ら設計し、
土間、照明、壁やテーブルに至るまで手作りです。

タレは長年大切につぎ足し、
老舗の味を守り続けております。

この道52年の、こだわり抜いた職人の技と、
一食一食心をこめた 「うな富」の味をどうぞお楽しみください。


Copyright(C) UNATOMI.All Rights Reserved